ハードディスク(HD)内のデータは、どのように記録されているのでしょうか。磁石の力を利用しています。ならば磁石の力を使えば、データ消去できるかもしれません。パソコン廃棄の前には考えてみましょう。

■どうやって保存されているのか
フロッピーディスク(FD)の落し物をホワイトボードにマグネットで貼り付けておいた!この笑い話をご存知の方は、相当の年代かもしれません。逆に昨今は、意味を理解できない人が増えているのでしょうね。時代の流れです。つまりFDやHD内にある電子データは、磁石の力で記録されています。

そのためディスクにマグネットを近づければデータが破壊されてしまいます。この原理を利用すれば、HD内のデータを確実に消去することが可能になります。

■自宅の磁石では難しい
磁石でデータが消えるなら、家庭やオフィスにパソコンを置くのは危険ですね。見回してみると、磁石は意外に多くあります。例えば冷蔵庫にぺたぺた貼り付けていませんか。スピーカーにも磁石はありますよ。もちろん自宅で探せるような磁石では、現在のHD内にあるデータに何らの障害を与えることはないでしょう。

そのように改良されています。安心すべきですが、過信してはいけません。パソコンの置き場は、一応気にしておきましょう。

■完全消去が可能です
磁気的にデータを破壊するなら、専用の機械が必要です。素人では難しいでしょう。しかし法人などで大量のパソコンを有している場合には、機密情報保持の観点上、不可欠になるかもしれません。パソコン廃棄業者でも、磁気的に乱していく方法を採用しています。

見た目からはわかりませんが、物理的破壊という重労働がありません。とはいえ以後HDとしての利用ができないほど完全にデータ消去することが可能です。

■お願いしてみましょう
自宅にあるような磁石程度ではデータを消去できません。とはいえ理論的には確実な方法です。パソコン処分の業者さんにお願いしてみましょう。