パソコン廃棄の際に、保存されているデータをどうするか。悩みます。もちろんパソコン廃棄業者によっては適切な処理をしてくれるでしょう。例えばハードディスク(HD)を物理的に壊します。とはいえ自分でもできますよ。

■HDを外す
HDを物理的に壊すためには、パソコンの中からHDを取り出す必要があります。もちろんパソコン全体をぶっ壊すこともできるでしょう。とはいえ部品ごとに分けないと、奇跡的にHDだけは無事だった!稀ではありませんよ。ちょっと面倒ですが、ドライバーでネジを外し、HDを除去します。

言い換えるなら他のパーツ、例えばDVDドライブやメモリなどは、それだけ別個に売れる可能性があるからです。無料引取りの業者は、それを目当てにしていることもあります。

■ハンマーで叩く
HDを取り出したら、自宅にあるハンマー、金槌で叩きます。ガンガンやりましょう。ボコボコに凹むくらいです。道具がなければ、高いところから落とす、何かにぶつける。とはいえちょっと不完全かもしれません。なお作業する場所に気をつけましょう。

つまりHDの表面は金属です。下に何を敷いていますか。木の床や畳なども、ボロボロになってしまいます。タイルなら割れるかも。コンクリートも、欠けてしまう可能性があります。

■ドリルで穴を開ける
より確実な方法はドリルで穴を開けることです。廃棄業者がよく使う方法です。物理的破壊の極みです。そこからデータを取り出すことは、120%無理ですね。もちろん一般の人がドリルを持っているのか。こちらの可能性も極めて低いでしょう。

■HDを分解する
パソコンを分解する際、時間的な余裕があるならば、HD自体も分解してみましょう。多少の専門的な工具が必要になりますが、どんな仕組みになっているのか、知ることができます。パソコンに対する興味が湧いてくるでしょう。

■試してみましょう
パソコン処分に際して、最も困るのがデータ消去です。信頼できるパソコン業者に任せるのも一法ですが、自分で納得できるまでやってみると安心できますよ。