パソコンに保存された電子データは直接目で見ることができません。パソコン廃棄に際して、本当に消えているのか心配ですね。ならばハードディスク(HD)を壊してしまえばよいのでしょう。これが絶対確実な方法です。

HDを破壊してからというのはパソコンを廃棄するうえでとても大事なことなのです

■物理的に壊す
誰にでもできる方法は、HDを物理的に壊す方法です。ハンマーなどでぶっ叩きます。ストレス解消にもなります。中のディスクが破壊されれば、データを救うことはできません。そのため事前にバックアップの有無を確認しておきましょう。パソコン処分の時には、HDだけ取り出します。

外部資料:パソコン廃棄 http://www.pczero-web.com/

つまり他のパーツ類は、再利用することが可能だからです。ノートパソコンなどは小さいので面倒ですね。その際には、専用のパソコン廃棄業者に任せた方が確実です。

■磁気的に壊す
HDは磁石の力でデータを読み書きしています。そのため磁気的に消去、破壊する方法もあります。とはいえ家庭にあるレベルの磁石では難しいですね。昨今のHDは外部にある磁石の影響を受けないように作られているからです。この場合は、専用の機械が必要です。

ただし法人などであれば、揃えておくのも一法でしょう。信頼できる処分業者と契約するのも良いですが、サーバーを含めて大量のパソコンを有しているなら、費用対効果で考えるべきです。

■業者に頼むのがベストです
一般の人がパソコン処分する際は、信用できる廃棄物処理業者もしくはパソコンショップなどにお願いするのがベストです。物理的な破壊であっても、怪我をしたり、家の中を傷つけるリスクがあるからです。とはいえ業者が本当に信じられるのか。今ではデータ消去の証明書を発行する会社もあります。

もちろんそれまでも疑ってしまえばキリがありません。どこまで安心したいのか。自宅にあっても盗難の恐れはあります。

■相談しましょう
パソコン処分で困るのはデータ消去です。とはいえ悩んでいるより、いくつかの業者と相談してみましょう。その中から、自分にとってベストな方法を選びましょう。

◆データを消してからパソコン廃棄
面倒ではありますが、パソコン廃棄の前に、ハードディスク(HD)内のデータを消去しておきましょう。とはいえどんな方法があるのでしょうか。

■単なる「削除」はダメです
データを消すなら、単なる削除ではいけないのでしょうか。これは見た目から消しているだけです。HD内にはしっかりとデータが残っています。また「ごみ箱を空にする」これをクリックしてもダメです。気休めに過ぎません。

■リカバリーも意味ありません
パソコンを購入した際、リカバリー用のCDが付属されていましたね。ウイルスに汚染された場合など、HDをリセットするために使います。とはいえそれでもデータを消去できません。やるな、とは言いませんが、意味はありません。

■上書きして消す
上書きして消す方法があります。つまり意味のないファイルをどんどん保存していきます。物理的に古いデータを追い出します。もちろん素人が適当にやっても効果はありません。そのため専用のソフトを使います。ネットから無料でダウンロードできます。

時間的余裕があれば、試してみることをお奨めします。ただし完全に過去のデータは消えるので、必ずバックアップの有無を確認しましょう。

■物理フォーマットとは
HDの製造業者が行う方法として物理フォーマットがあります。一般の人でも試せるのは、ゼロフィルと呼ばれるものです。これは二進法で表されていたデータから1を消去して0だけにしてしまう技です。こちらも完全消去が可能であり、プロでも復元はできません。

ただし消去するディスク以外に別の装置が必要です。接続も含めて知識が求められます。

■業者に頼むのがベストです
ソフト的にデータを消すことは可能です。とはいえ専用のソフト、ハード、そして知識が求められます。相応の経験がない人は、やらない方が無難です。もちろんパソコン処分するくらいなので、壊れても問題ないでしょう。ただしプロが確認しないと消去できたか、確実ではありません。

専門業者に頼むのがベストです。

■相談しましょう
データ消去はソフト的にも可能ですが、専門業者にお願いするのが一番です。素人判断では、データ完全に消えたのか、不安です。まずは相談してみましょう。